文具沼報告記

文具沼の日々をつづります

ぺんてる 筆ペンを改良して万年筆インク入れてみた

 

iro-bungu2020.hatenadiary.com

iro-bungu2020.hatenadiary.com
iro-bungu2020.hatenadiary.com

 

 色々使って味をしめ、ついにあれに手を出しました。

f:id:iro-fuku2018:20210417204508j:image

ぺんてるの一般的な筆ペン。

セーラーの筆ペンもいけたからこれもいけるかなと。

試し書きして気に入ったので2本買っちゃいました。

他のメーカーも試してみたのですが、個人的にトメ・ハネ・はらいを書く時にぺんてるの筆ペンが上手く書けたので。

カートリッジは軸と兼ねているのでこれから墨を抜き、水しか出なくなるまで洗えばいいんだと思い早速着手。

 

…ずっと黒い水出てくるんですが…。

とりあえず墨吸えるだけ吸おうとしてもほとんど出てこず、諦めて水道水で洗い出したらしばーらくやっても澄んだ水になりません。

一旦諦め、翌日再挑戦して澄んだ水になった!とインク入れようとしたら全然入っていかず何故か出てくる黒い水。

どーやらこの一般的な筆ペン、軸を兼ねてるカートリッジは中に綿芯が入っててそれに墨を含ませてるようです。

これは悲しいかな諦めざるおえない…泣。

(諦めて墨で書けよ、とお思いかと思いますがインクで書きたいのです…)

 

さすがにこのまま使えないのはもったいなさすぎるのでこうしてみました。

f:id:iro-fuku2018:20210417204607j:image

不恰好なのはわかってる。でも使えればいいんだ。

100円ショップで買ってた習字筆にブラシがハマったので、両面テープで補強してなんちゃって筆です。

もちろんインク補充はできないので、元々の習字筆同様インクをつけて使います。

利便性は落ちますが、使えないよりはマシ!

f:id:iro-fuku2018:20210417204631j:image

同じ軸幅なので付け替え可能。

f:id:iro-fuku2018:20210419123808j:image

f:id:iro-fuku2018:20210419123838j:image

書いてみるとこんな感じ。

特に太字は書道で使う筆並みに太い、大きい字が書けます。

 

ということで当初の目論みとは違いますがインクで使うことが出来ました。

これでなんちゃってペン習字に励みたい、励まねばなこの頃です。

ぺんてる デュアルメタリックブラッシュ 使ってみた

 

iro-bungu2020.hatenadiary.com

iro-bungu2020.hatenadiary.com

 

最近筆ペン記事ばかり上げてますが、その第三弾としてお届けするこちら。

 

ぺんてる デュアルメタリックブラッシュのグリーンとバイオレットです。
iro-bungu2020.hatenadiary.com

 以前ご紹介したこちらのラメペンのシリーズ商品で、いわばこれのブラシタイプ。

f:id:iro-fuku2018:20210417202542j:image

毎回使用前には振り、インク足りなければお尻のプッシュボタンをおします。

f:id:iro-fuku2018:20210417202551j:image

ブラシはラメラメのボサッと感。

f:id:iro-fuku2018:20210417202604j:image

書いてみるとこんな感じ。

文字書きできない訳ではないけど、ブラシのアップでもお分かりの通りあまり向かないボサっと具合。

f:id:iro-fuku2018:20210417202619j:image

ただラメはご覧の通り。

ボールペンタイプなんて目じゃないギラギラ具合。

フツーのインクに飽きた時に良い気分転換になります。

ただ写真の通りシルバーはただのシルバーなんですよねー。

ボールペン同様青ラメなんかが混じってるものなら即決なんですがねぇ。

セーラー 万年筆 筆ペン プロフィット

 

iro-bungu2020.hatenadiary.com

 

からっぽペン カートリッジ式でインク色そのまま出ることに味をしめ、こんなものを買ってみました。

f:id:iro-fuku2018:20210414125237j:image

セーラーの万年筆 筆ペン!

呉竹の500円くらいの筆ペンと迷いましたが手持ちインク使えるかどうかが重要なので、万年筆メーカーとも言えるセーラーにしました。

f:id:iro-fuku2018:20210414125250j:image

カートリッジ式とあるようにインク補充の仕組みは万年筆のカートリッジ式と同じ。

安心して中のインクを抜いて洗った後インク工房の123を入れます。

f:id:iro-fuku2018:20210414125302j:image

わかりにくいのですがブラシがちょっと均一ではなく広がる部分と細い部分があり、個体差といえば個体差といったところ。

f:id:iro-fuku2018:20210414125313j:image

Twitterのつぶやきみたいなことを書いてみました。

筆ペンだけどわりと小さい字も書けるかなと思います。

 

からっぽペンの毛筆もですが万年筆に比べて圧倒的にインク色を存分に楽しめる!

こりゃーはまる、というかとっくにハマってなんちゃって筆ペン習字をしてます。

YouTubeで筆ペンのコツを検索して真似してみたら当社比でそれなりになる楽しさ。

万年筆からインク沼、ガラスペンと派生していく方はわりといるだろうけど、筆ペン沼に行く人は少ないだろうなーと自分のマイノリティっぷりを再認識しました。

からっぽペン カートリッジ式 再利用できる?

 

iro-bungu2020.hatenadiary.com

iro-bungu2020.hatenadiary.com

 

カートリッジ式がちゃんとインク色でることがわかり、気になるこちらもやってみました。

 

一度使ったカートリッジとペン先は再利用可能なのか?ということ。

 今回は細筆タイプで試していきます。

ペン先に関しては説明書にある通り一晩水につけ、乾かして準備万端。

カートリッジは再利用しないで下さい、とあるけどペン先にはまればいいのでは?と思い、カートリッジを洗い、乾かした後別のインク(秘色)を入れてみました。

(カートリッジの再利用についてはメーカー非推奨なので自己責任でお願いします。)

ボールは取り出せずカートリッジ内に入れっぱなしではめてみましたが、無事装着。

インク浸透を早めるためペン先下にしてしばし待つとインク色出てきた〜!

 

f:id:iro-fuku2018:20210410182446j:image

 

しかも従来通りの色!

(まあそれを期待して暗めで濃い色入れたのですが)

ただもっと浸透させるため一晩ペン先下にしたらインク漏れました。

といってもキャップに少しだけなのが不幸中の幸い。

理由はよく分からないけどボールセットしないでペン先にはめると漏れやすくなるみたいです。

(ちなみにちゃんとボールセットしてペン先下にした場合2〜3日しても全く漏れていませんでした。といってもずっと下にしなければいいだけのことなので参考までに)

 

 

ということでからっぽペン カートリッジ式、時間はかかるけれどインク色ちゃんとでるしカートリッジの再利用も(非推奨だけど)出来ました。

これでは筆ペン生活捗ってしまうではないかと考えてしまうのでした。

からっぽペン カートリッジ式 続き


iro-bungu2020.hatenadiary.com

 からっぽペン カートリッジ式もやっぱダメだった!

ということを書きましたが、その後についてご報告。

 

遊色インクということもあってか違う色が出ていましたが、3日後くらいに書いてみたら普通に従来の色が出ました。

f:id:iro-fuku2018:20210410181720j:image

というか、最初比較に使った百均の水筆の色、従来より明るい色が出てました。

224なのに123ぽいな〜って思ってたんですよ。

ガラスペンの224と比較したらこの通り。

f:id:iro-fuku2018:20210410181733j:image

従来より色明るくなっとるやないか。

ということでからっぽペン カートリッジ式は時間かかりますがちゃんとインクの色出ます
しかも筆タイプなので遊色感も楽しめる♪

 

そして今さらな書き心地の感想。

・毛筆タイプ

f:id:iro-fuku2018:20210410235300j:image

筆ペン自体馴染みがないのですがやはり呉竹さんといったところか、100均で買った習字筆より俄然筆の質がいい!

ので書きやすい!

インク沼住民でお絵かきされる方におすすめ。

 

・細筆タイプ

f:id:iro-fuku2018:20210410235315j:image

ほぼサインぺん感覚で使える筆ペン。

ただ「筆」なだけあって書いてみると微妙に動く筆先が筆ペンなんだなぁと実感。

毛筆タイプより格段に書きやすく、止め・ハネ・はらいなどの日本語を書くには向いてるなと。

それを抜きにしても、綿芯タイプのからっぽペンよりインクの色が出やすいペンとしてとてもおすすめです。

からっぽペン初心者さんにはぜひこのタイプをおすすめしたい。

 

ということで呉竹さんすみませんでした、とてもいい商品を出してくれてありがとうな記事でした。

4月 セリア6リングファイル手帳 セットアップ

 

iro-bungu2020.hatenadiary.com

 先月忘れてしまったのでセリア手帳に移行してから初のセットアップ記事です。

f:id:iro-fuku2018:20210403162250j:image

本当はセリアさんで発売しているドライフラワーシールでコラージュしたかったんですが、あっという間になくなったのでロフトで似た感じのシールを購入してコラージュ。

ただスタンプの位置を間違えすぎたという。

まあ次回からの教訓ということで。

もう表紙も全部まとめでいいやーと3つ一緒にしました。

 

f:id:iro-fuku2018:20210403162309j:image

ハビットトラッカーの漢字練習はそのシールの茶色セットをふんだんに使いドライフラワー感出してみました。

f:id:iro-fuku2018:20210403162322j:image

今回より「ワークアウト」とオサレなタイトルにした運動ハビットトラッカー。

セリアさんの数字シールを使ったまでは良かったけど、色を合わせたマステは貼りすぎたなと反省。

f:id:iro-fuku2018:20210403162343j:image

ブログはまたもや宇宙っぽい感じに。

セリアさんの季節テーマのシールの冬シールを貼っていきたいので、合わせてコラージュしてみました。

先月はあまり貼れなかったので今月は埋めるくらいの勢いで貼っていきたいところ。

(特に漢字練習)

3月 ハビットトラッカー結果


iro-bungu2020.hatenadiary.com

 

作ったものを載せるのを忘れたハビットトラッカーの結果です。

f:id:iro-fuku2018:20210403160730j:image

漢字練習はセリアさんのヴィンテージテクスチャーマステでコラージュ。

レジン用のデコパーツを使って日付にはったりしました。

ただ体調悪かったりしてあんまり貼れなかったのが残念。

f:id:iro-fuku2018:20210403160747j:image

ストレッチもセリアさんの空マステ使用。

雪が無くなってきたのでチャリ散歩したり、縄跳びしたりと小学生の遊びのような結果。

f:id:iro-fuku2018:20210403160804j:image

ブログは宇宙マステ使いまくってみました。

最近の課題でネタが無くなってきて7日しか更新できませんでした。

といった結果でした。